先日懇談会で同じテーブルのお母さん達と話題になったのが「時計を読む勉強」について…(ノз`)

 

バニーは年中の終わり、春休みぐらいにやっと時計は読めるようになりました。

今では「今何時?」と聞くと ∠(`・ω・´)「2時58分」と結構詳細に答えてくれます。

ちなみに、24時間読みは出来ないので、たまに13時とか言うと「????」という顔をしてますが(笑)

 

いやーここまでくるのにはいろいろ大変でしたが、(;´Д`)今思い返せば時計が読めるようになったのは、

時計の読み方うんぬんの前に、100まで数字がすらすら読めるようにならないとダメだったのでは?と思うようになりました。

 

年中の夏に時計の勉強をしたりしていましたが、これがてんでダメで一旦中断しました。

でも、公文の算数で100まで数字が読めるように訓練された年中の冬ごろに、再び時計の勉強を再開したらずいぶんとスムーズだったのです。

 

とりあえず、年中の夏に買った時計の勉強用の目覚まし時計↓

これはこれで、よかったのですが、いかんせんこの時計でないと時間が読めないという現象 (´c_` )が起こってしまいました。

 

 

 

 

 

 

そこで、去年の夏の帰省時に近所のホームセンターでみつけた「とけいのカード」なるものを発見。

値段も600円くらいで手ごろだし、なかなかよさそうではないかと買ってみたところ… (゚∀゚)

 

これがものすごく良かったです。

マジでオススメ。

 

このとけいのカードですが、○時ジャスト、○時15分、○時30分、○時45分という15分刻みのものしかはいってないんです。

 

 

とりあえず、15分刻みを覚えるってことですよ。

 

最初のうちは○時ジャストと○時30分(半)を言えるようになるまで、毎日特訓。

ココで、短い針が3と4の間にある時は3時のお部屋ということもあわせて覚えてもらう。

 

その後、○時15分と45分を追加して毎日特訓。

 

そして最後は時計の模型を使って特訓しながら、毎日「今何時?」と抜き打ちで確認。

ついでに言うと、公文では勉強をスタートした時間を書く欄があるので、そのときにも時間を見る習慣がつきました。

 

最後のほうは、キリのいい数字の上に長い針がきている時を見計らって一日4,5回「今何時?」とやたら確認していました(笑)

我家は掛け時計はすべてアナログ時計(私がデジタル時計があんまり好きじゃないんで)だったので、

それは結構役立ったのかな(=゚ω゚)ノ

 

でも時計を読めるようになるのって、絶対に大前提で100まで数字を見てすらすら読めるようになってからがスムーズだと思います。

 

ちなみに、私自身は時計の勉強で苦い記憶が…

 

なぜか2時40分が読めなくて、大きな時計と一緒にベランダに出されて(答えが分かるまで入れてもらえない)いた記憶があります(苦笑)( ̄ω ̄;)

たしか・・・小学1年生ぐらいだったおもうんだよねぇ。もしかして年中だったのかなぁ。

冬でした…(寒かったもん)

 

なんかね、そもそも数字がよくわかってなかったような気がするし、勉強大嫌いだったということもあるし…

とにかく外で獣のように遊びまくっていたような子どもだったんですよ(´〜`;)


------------★★★★★★★------------

JUGEMテーマ:育児



ブログ村に参加しています! よろしければポチっ↓(´c_` )とおねがいします★
にほんブログ村 女の子育児
にほんブログ村 マンションインテリア
にほんブログ村 ママファッション

 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

TOPICS




NOW

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM